ジュエリーに使用される代表的な石について

ナバホ族出身のレイトレイシーのジュエリーデザインの特徴の一つに色とりどりのパワーストーンを緻密に埋め込むインレイ技法があります。ここではレイトレイシーが使用する代表的なパワーストーンを紹介致します。


 

オパール (Opal)

10月の誕生石。名は「宝石」を意味するインドの言葉に由来します。種類が多いのが特徴でライトオパール、主にメキシコで採れるファイアオパール、ブラックオパールなどあります。石の中で様々な色彩が揺らめくように浮かんで見えるのが特徴でその様子を専門的には「遊色効果(プレイ オブ カラー)」と呼んでいます。成分の約30%が水分でできているため乾燥にはくれぐれも気を付けてください。

AOP オパール (Opal)XOP ブルーオパール (Blue Opal)


グリーン キングマン (Green Kingman)

マットな優しい色合いのグリーン ターコイズ。こちらもブルー ターコイズと同様、12月の誕生石として知られていますが採掘された宝石のうち最古のもののひとつで、世界各地に産地が散らばっています。様々な種類とタイプがありその色彩は銅や鉄の含有量に関係し白に近いものや緑青など様々です。アメリカではクモの巣のようにマトリックスが入ったものが特に好まれています。ネイティブ アメリカンにおいては危険から身を守る石として宗教的な儀式に用いられてきました。現在では幸運を呼ぶお守りの石として多く身に付けられています。

GKNM


 

コーラル(珊瑚) (Coral)

珊瑚は海の植物で海深3〜300mもところに棲息しています。成分は炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムでかつては子供や妊婦の成長剤に用いられていたこともあります。 珊瑚には様々な病気から身を守り健康へ導く効果があるといわれイライラやハードスケジュールが続く際身に付けると心身のパワーをよみがえらせ体力、気力をサポートしてくれるといわれています。

RDCレッドコーラル (Red Coral)PKC ピンクコーラル (Pink Coral)


ジェット(黒玉) (Jet)

木の化石、石炭とともに産出される可燃性のある不透明な黒色の宝石でベルベットような艶があります。紀元前1400年にはイギリスで採取が行われていた記録が残っていて、かつてはイギリスで多く産出されていましたが現在は主にスペインやフランス、アメリカで採取されています。モース硬度が3〜4で彫刻が可能であるため古くからジュエリーに用いられていました。効果として存在感と指導力を持たせトップの座に導くパワーががあるといわれています。

JET


シェル (Shell)

パープルスパイニー オイスターシェル (Purple Spiney Oyster Shell)
レッドスパイニー オイスターシェル (Red Spiney Oyster Shell)
オレンジスパイニー オイスターシェル (Orange Spiney Oyster Shell)
その名の通り、牡蠣貝ですがレイトレイシーのアイテムではパープル、レッド、オレンジと3種類のカラーバリエーションで展開しています。それぞれに天然ならではの微妙な模様、色いあいが魅力的です。シェルの中でもスパイニー オイスター シェルは、古くからネイティブ アメリカンの人々の中では重宝され、幾度となくジュエリー、装飾などに用いられてきました。なお、シェルは不安や怒りを安らかな方向は導いてくれると言われています。


ジャスパー(碧石) (Jasper)

カセルドニー(クォーツの総称名)の変種で名はギリシャ語の「斑点のある石」という意味に由来します。縞や斑点が多いのが特徴で色はホワイト、イエロー、ブラウン、レッドなどがあります。モース硬度が7と彫刻が可能なため古くから置き物や印鑑の素材として使用されていました。インド、ロシア、アメリカ、フランス、ドイツなど世界各地で産出されます。エネルギーを守り体力をつけてくれる効果があるといわれ新しい分野に挑戦する際など身につけるとよいとされています。

RJAS


スギライト (Sugilite)

深みのある不透明の紫色をした1980年代半ばから現れた新顔の宝石。1970年に日本で発見され1977年に鉱物種として認定された日本人の名前がついた唯一の宝石です。ストレスを取り除き心身のバランスを取り、ヒーリングエネルギーを高めるといわれる効果の評価は特にアメリカで高く21世紀のパワーストーンとして注目されています。 今後ますます研究が進められていくと思われます。

SUG


タイガーアイ(虎眼石) (Tiger Eye)

クリスタルと同じ石英に属していますが内部にアスベストのインクルージョンが繊維状組織になっているのでキャッツアイ効果が出ています。産地は南アフリカ、インド、ブラジルなど。タイガーアイ(虎眼石)は身に着けていると集中力が高まり、洞察力、知覚力をサポートし仕事運や財運、金運を向上させてくれます。


ターコイズ(トルコ石) (Turquise)

12月の誕生石として知られていますが採掘された宝石のうち最古のもののひとつで、世界各地に産地が散らばっています。様々な種類とタイプがありその色彩は銅や鉄の含有量に関係し白に近いものや緑青など様々です。アメリカではクモの巣のようにマトリックスが入ったものが特に好まれています。ネイティブ アメリカンにおいては危険から身を守る石として宗教的な儀式に用いられてきました。現在では幸運を呼ぶお守りの石として多く身に付けられています。

CHTチャイニーズ ターコイズ(Chinese Turquoise)

SBTスリーピングビューティー ターコイズ(Sleeping Beauty Turquoise)


トゥ ワイルド ホース (Tow Wild Horses)

アゲート(めのう)の仲間で、古代にこの石が採れていたと思われるシシリー等のアケーテス川の名に由来しています。レイトレイシーが用いるトゥ ワイルド ホースは白地に赤茶の美しいマトリックスがかかった存在感ある石のみを使用しています。

TWH


マウ シット シット (Maw Sit Sit)

ユーアレイトを主成分とする緑色の不透明宝石。1963年に初めて研究報告がなされた比較的新しい石でジェイダイトとアルバイトの共生による岩石であることが発表されています。新顔なのでまだ馴染みが薄いかもしれませんが日本ではここ最近販売が増えてきています。 産地はミャンマー、マウ シット シット渓谷です。パワーストーンとしての効果はまだ定かではありませんが今後研究が進んでいくと思われます。

MAW


マザー オブ パール(白蝶貝) (Mother Of Pearl)

オーストラリア近海に分布する光沢のある貝で養殖真珠の母貝として用いられます。光の反射によって変化する美しい光沢を活かし、ジュエリーだけでなく時計やナイフ、または楽器などの装飾にも広く使用されています。 効果として不安や怒り、傷付いた心を母親のような優しいエネルギーで包み込み、なぐさめ安らかさへ導いてくれるといわれています。

MOP


ラピスラズリ(瑠璃、青金石) (Lapis Lazuli)

12月の誕生石で夜空を連想させるような神秘的な雰囲気を持つ紫色を帯びた不透明な宝石。その名はラテン語の石を意味するlapisと青を意味するlazuriに由来します。古代エジプトより国王や王族に珍重された鉱物で霊的パワーのある石と信じられていました。産地は主にアフガニスタン、アメリカ、チリなど。落ち着きを与え、洞察力や判断力を高め人と人を結び幸運を呼ぶパワーがあるといわれています。

LAP