Tufa Stone & Sand Casting ジュエリー製作解説

Tufa Stoneとは石灰華(多孔質炭酸石灰の沈殿物)という柔らかく削りやすい石の事。
このトゥファストーンをカットし、デザインを彫って型を作り、その型に高温で溶かしたシルバーを流し込む製法で、 かなりの熟練を必要とする技法のひとつ。


Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説1
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説2
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説3
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説4
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説5
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説6
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説7
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説8
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説9
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説10
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説11
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説12
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説13
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説14
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説15
Tufa Stone & Sand Casting によるジュエリー製作解説16

レイトレイシーの製作過程をご覧頂けますので、上記画像を上から順にクリックしてご覧ください。
開いた画像をクリックすると次のページへ移動します。


 

<Tufa Stone & Sand Casting ジュエリー製作の疑問点をレイトレイシーに質問してみました。>

Q. この製法は、最初にトゥファの型で作り出したナジャはサンドパックの型を作る為のもので、実際の製品はトゥファの型では無く、サンドパックの型で作っているという事で良いのでしょうか。

A. そうです。トゥファの型で製品を作る事も可能ですが、壊れ易く2、3点作って終わり ということになります。通常最初の鋳型を作ったら壊れてしまいます。砂の型ですと 何度でも使えます。ほとんど際限がありません。

Q. また、砂の型という事は商品作成後は崩して別の型作りに再利用しているという事でしょうか?

A. マスターがある限り、崩して別の型として再利用する事が可能です。